2012年09月09日

ライブ告知 10・6

久しぶりにソロ・ライブします。

2012/10/06
市川真間ALMANAC HOUSE
共演:クラカミユウイチ、乙女ねこ、玉城まさゆき
オープン19時、スタート19時半。
ライブチャージ1200円、テーブルチャージ300円。
〒272-0035
千葉県市川市新田5−5−27田中ビル2F
TEL:047−323−7271
http://www.h4.dion.ne.jp/~almanac/

約2年振りぐらいの市川アルマナックハウス。
弾き語りを始めた頃頻繁に演奏していた。
今回は原点回帰で古い曲もやろうと思う。

よろしくお願いします。

posted by kurarock at 21:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

Definitely Maybe - Oasis

バンドサークル在籍時、先輩の家で二日酔いからくる吐き気と戦いながら聞いたのがこのアルバムとの出会い。

Definitely Maybe - Oasis

61-8CEFlawL._SL75_.jpg

頭痛がおさまり、横浜VIVREのHMVに速攻買いにいった。

中高時に流行っていた、ブルーハーツ、コンプレックス、ガンズ、ニルヴァーナを全てすっ飛ばし、60〜70代ロックしか聞かなかった若き頃の小生にとって、リアルタイムの流行りバンドで良いと思った最初のバンドだった。

その後、ブリティッシュ・インベージョンの再来といわれる「ブリットポップ」にどっぷりの時期が訪れた。
ノエルの着ていたPen Feildsのダウンジャケットが欲しくて探しまわったが、見つけることができなかった。その悔しさをバネに終いにはイギリスにライブを見に行った。

何かのインタビューでノエル・ギャラガーがオアシスのサウンドはビートルズとセックス・ピストルズの融合!みたいな事を言っていたと思う。確かにそれらの影響はデカいが、それらのコピペで終わっていない。

90年代、既に音楽産業絶頂期に数多いるアーティストの中から一歩抜け出してきたのは、生身の人間から出てきた叫びだったからだと思う。アコギと歌で身体から絞り出した曲なのだ。シンプルな作曲方法、原点回帰でもあったと思う。

色々な意味で影響を受けた1枚だ。

まだ聞いた事ない人はコチラ↓で脳天に衝撃を!!



ブリット・ポップフォーエバー
posted by kurarock at 01:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

西小岩まつり

日曜日。
よく晴れた午前中に家を出て、ガラガラの電車に差し込む日差しが気持ちいい。

小岩着。初めて来た街。

ここは音楽仲間のSeamoonホームタウン。会場の西小岩公園、通称「ブタ公園」へ向かう。

いつものライブハウスとは違い、野外ステージでライブ。
音響もよく良い音。ぴょんさんの歌声がきれいに会場に響き、GO!ちゃんのギターがそれに続く。
気持ちの良いライブであった。

IMG_0375.jpg

出店でカレー、餃子、串揚げ、フランクを食べながらSeamoonのメンバーやFAT和田にGuysいちさんとビールをあける。特に餃子はうまかった。

その後、7・7のライブに向けてのミーティング。

IMG_0376.jpg

小岩駅前の中華料理屋、三平。
早くてうまい。

ライブの大体の構成が決まりかけた頃、いちさんが暴走(笑)
まあ、楽しかったので良いとします。

posted by kurarock at 00:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする