2018年02月04日

『RUMBLE DRIVE LIVE 2018 IN SHIBUYA』無事終了しました

今年1発目のライブ、『RUMBLE DRIVE LIVE 2018 IN SHIBUYA』@SHIBUYA TAKE OFF 7 無事終了しました。
大学生の時、初めて三鷹のライブハウスで対バンして20年目という年に、20年振りに対バンするという。
偶然の巡り合わせとしか思えない。

出演: クラカミユウイチ/Keto/THE MAGELLANS

2バンド目のDoeが急遽キャンセルとなり、そのメンバーのケートがソロで出ることになった。
トリのTHE MAGELLANSのタケウチ氏とケートの出番最後にkimonos / Tokyo NIght をセッションした。

1517752299134.jpg
タケウチとステージで演奏するのは実は初めて。

SHIBUYA TAKE OFF 7でのライブも初めて。
音響も良くいいライブハウスだと思った。

今後ケートもソロ活動増やすと言っていたし、タケウチともスタジオで遊ぶことになったし。

久々や初めてが色々あって、記憶に残る1日でした。


今回のステージは、緊張感がありつつ、自分でもビックリするほどリラックスして演奏できた。

1517752298953.jpg

<セットリスト>
1. トラベラー
2. 恋の出口が見つからない
3. 不感症の僕は
4. Free Fallin (Tom Pettyカバー)
5. 街へ帰ろう
6. 岩石ロック
7. 安物のシャンプー
8. Married with Children (Oasisカバー)

次回のライブは路地裏ノ月盗団で、今回初出演の蒲田のライブバーです。

2/24(土)
出演:ヤマグチヨシノリ、路地裏ノ月盗団、Texas Hold Clovers
チャージ:2,000円+ドリンク代
スタート:19:00

路地裏ノ月盗団は19:50より演奏します。



ヤマグチヨシノリ
路地裏ノ月盗団

Texas Hold Clovers 




posted by kurarock at 23:34| Comment(0) | ライブ結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

新年の挨拶とライブ告知

みなさん、明けましておめでとうございます。

去年の音楽活動はソロのアコギロックに加えて、毎年恒例のPowerman、そして新ユニットの路地裏ノ月盗団の活動がスタート。
後半はなかなか刺激のある内容だった。

路地裏ノ月盗団は旧知の仲である、和田とたかぢがメンバーである。
リハもライブも、なんとなく収まるところに収まるポイントがあって、特にその部分について議論したりしていないのだが、演奏中に「ここだな!」と自然にいく。この感覚でできるのは、今このユニットをやる意味があるってことでしょう、多分。

今年は個人的には、バリエーションを増やしたい、ギターも歌も。
そしてブルースハープをはじめようと思う。
新たな刺激が欲しい。

その他の生活も、今までとの流れと違う流れを自ら作りたい。
いつも疲れてるので走ろうと思う。最近ホント疲れが抜けないので、体力的に危機感を感じているので。
この辺がクリアになると、音楽にもいい影響を与えるでしょう。


今年の初ライブは久々に渋谷でやります。
平日なんだけど、金曜の夜なんで是非。
友人のイベントに出演します。初めて対バンしたのはなんと20年前!
久々の対バンです。

1月26日(金)
イベント名: 『RUMBLE DRIVE LIVE 2018 IN SHIBUYA』
出演: クラカミユウイチ/Doe/THE MAGELLANS
OPEN: 19:00
START: 19:30
チャージ: 1,500円(ドリンク別)
※私の出番は1番目の19:30より。ソロ、アコギロックスタイルです

IMG_20180108_005501.jpg

よろしくお願いいたします。



posted by kurarock at 00:57| Comment(0) | ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

路地裏ノ月盗団、再び

路地裏ノ月盗団のライブが決まりました。
フォーク、アイリッシュやアメリカンロックの名曲を楽しんでしまう、そんなユニットです。

<ライブ詳細>

ライブ日: 12月3日(日)
出演: じゅんや人情 / ケニーサリー / 路地裏ノ月盗団
スタート: 19:30
チャージ: 1,200円
アクセス: 京成本線市川真間駅より徒歩1分、JR市川駅より徒歩7分

路地裏ノ月盗団メンバー

マンドリン:和田
ジャンベ/ティンホイッスル:たかじ
ギターと歌:クラカミユウイチ
posted by kurarock at 23:28| Comment(0) | ライブ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする